LUCY(ルーシー)ネタバレと感想

LUCY/ルーシー (字幕版)

いいところ

・映画がコンパクトに纏まっていて、無駄なものがなく、見やすい。

・スカーレット・ヨハンソンが俺TUEEEEEE!するお話で、爽快、スッキリする。

・モーガン・フリーマン(生物学の教授?)が物語と並行して、脳のリミッター解除について語るのだが、インテリっぽくて知的な好奇心も満足してくれる。自分が頭いいと勘違いしている人が楽しめそう(私だ)

・スカーレット・ヨハンソンが可愛い。

マッチポイントの過去記事または2017年で最もグッと来た映画ベスト4+1の番外編:ゴーストインザシェル(実写)でも紹介しましたが、スカーレット・ヨハンソンは美人です(笑))

 

わるいところ

・唐突すぎる。

・どうしてそうなったのか説明の描写が省かれているため、ついて行きづらい。

・アジア人=マフィアみたいな構図はやめろ。

 

あらすじ

ルーシーは(スカーレット・ヨハンソン)、ごく普通の女性だったが、彼氏のリチャード(運び屋)の仕事に巻き込まれ、マフィアに拉致される。CPH4という薬物を腹部に埋め込まれ運び屋として、利用される事になる。

麻薬を狙う別のマフィアに捕まってしまったルーシー。抵抗しようとするも、マフィアの手下から暴行を受け、腹部を何度も蹴られてしまう。その時、腹部に埋め込まれたCPH4が漏れ出し、ルーシーの脳が覚醒を始める。

ノーマン博士(モーガン・フリーマン)は、人間の脳は、通常10%ほどしか使われておらず、残りの90%は眠っているという説を唱えていた。CPH4はこの眠っている部分の脳を覚醒させる薬物だった。

脳が覚醒したルーシーは、痛みを感じなくなった。また、身体能力も驚異的に向上し、マフィアの拘束からいとも簡単に脱出する。

脳が覚醒した事により、記憶力も異常に向上し、あらゆる情報をインターネットから吸収し始める。そこで、ルーシーはノーマン博士を見つけるのだった。

あらゆる事を理解し始めたルーシーは、自分の存在に疑問を持ち始めるが、ノーマン博士は次の世代に知識を伝達する事が生物本来の役割である事をルーシーに教える。

ルーシーはノーマン博士のいるパリに行く事を決めるが、薬が切れると力をうまく制御できなくなってしまうため、他の運び屋を捕まえて、CPH4を手に入れる事が急務となった。

感想

スカーレット・ヨハンソンの超人ぶりに焦点を当て過ぎていて、ややストーリーが置いてけぼりという感じは否めない。元々のルーシーのキャラクターがはっきりしないところが残念だ。覚醒する前のルーシーが何らかの問題を抱えていて、覚醒する事で目的を達成するような、分かりやすい展開の方が、感情移入しやすいのではないだろうか?

超人的な能力を手に入れたが故に、目的がはっきりしないというか、考えている事が凡人=観客には分かりにくい。よって、見終わった後には、スカーレット・ヨハンソンの美しさとアクションの爽快さだけが残り、脳の機能100%がどうこうといったストーリーは特に残らない。

小難しい話は抜きにして、派手なアクションを観たいという人にとっては、テンポもよく、楽しめる構成になっていると思う。

ただ、脚本の捻りがないとあまり楽しめないという人は、若干物足りなさを感じるだろう。

ルーシーのパーソナリティを掘り下げた脚本に、本作のアクションシーンを投入すれば、より名作になっただろう。

総括して、スカーレット・ヨハンソンの「人間性を失った」演技は素晴らしく、身体を張った演技には脱帽する。ストーリーはちょっと唐突だが、それがテンポの良さを生み出しており、最後まで一気に観てしまう、そんな映画だ。

 

「ルーシー」っていうか、「スカーレット・ヨハンソン」っていう題名にした方がしっくりくるくらい、彼女にスポットライトが当たっている映画だった。彼女が好きな人には是非ともおすすめの一品だ。

 

アバウト・タイム

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)

 

レイチェル・マクアダムスが可愛くて、観ることに。

昔は海外の女性に多い、ふっくらした二の腕が苦手だったのだが、最近は歳を重ねたせいか、その辺も含めて魅力的に思えてきた。レイチェル・マクアダムスは、どこか母性を感じさせる雰囲気のある女優だ。この映画も、子供が生まれたりして、母親の役をしているのだが、理想の母親といった感じである。

 

パッケージは恋愛映画っぽい(その方が受けがいい?)が、内容はどちらかと言えば、家族愛みたいなものがテーマとして全面に出ているように思う。特に、ビル・ナイ演じる主人公のパパが魅力的だ。あんなお父さんがいれば、人生すごく楽しいんじゃないだろうか?

 

ただの日常系ドラマに終始せず、ちょっと不思議な力を持つ主人公という設定も、すんなりと馴染んでいて、なんだか心地良い映画だった。

 

あらすじ

 

イギリスの田舎に住むティム(ドーナル・グリーソン)は、父(ビル・ナイ)と母(リンゼイ・ダンカン)、叔父のデズモンド(リチャード・コーデリー)、妹のキット・カット(リディア・ウィルソン)と暮らしている。

21歳になったとき、父から呼び出されて、一族の秘密を告げられる。一族の男は、タイム・トラベルが出来るのだと父は言う。

夏になると、妹キット・カットの友達のシャーロットが夏休みを過ごすため、家に滞在するようになる。ティムはシャーロットを意識するようになり、シャーロットが帰ってしまう最終日に告白するも、うまくいかなかった。もっと早く告白してくれれば、と言うシャーロットの言葉を真に受けたティムは、タイムトラベルを駆使して、再度シャーロットに告白するが、結果は同じであった。

夏が終わると、ティムはロンドンに出て弁護士を目指す。父の知り合いで、人間嫌いのハリーと一緒に住む事になる。ある日の夜、ティムは暗闇で相手の顔が見えない、変わったレストランで遊んでいた。店を出た後、女性を誘おうと試みるが、一体どんな女性が出て来るのかドキドキしながら外で待つティム。後から店を出てきたのは、ハッとするような美人だった。彼女は出版社で働くアメリカ人女性でメアリーという名前だった。メアリー(レイチェル・マクアダムス)から電話番号を聞く事に成功したティムは、心を躍らせながら帰路に着いた。

家に帰ってみると、脚本家のハリーが劇の公演がうまくいかずに落ち込んでいた。ティムはタイムトラベルの力を使って過去に戻り、劇を成功させた。

タイムトラベルの力を使ったせいで、メアリーの電話番号が消えている事に、ティムはこのときまだ気付いていないのだった。

 

この映画の魅力

 

監督は、ラブ・アクチュアリーのリチャード・カーティス。日常のちょっとした喜びを撮影するのがとてもうまい。

でも、今回はなんとタイムトラベルものだった。あまり日常とは言えない要素を持ち込んではいるが、仰々しさや子供っぽさは無く、いい感じにストーリーに馴染んでいるところがすごい。

何度も過去をやり直すことができる主人公なわけだが、その力が逆に、今目の前にある日常がいかに素晴らしいものであるかを理解させてくれるのだ。

 

外人と言えば、日本人よりも全然コミュ力が高いという先入観があるが、ドーナル・グリーソンはどちらかと言えば隠キャの方に入るだろう。タイムトラベルでティムを知らない事になっているメアリーに、必死にアプローチする姿はちょっと痛々しいが、妹のキット・カットはなんとか兄が頑張れるように応援してくれる。日本にはない、ある意味、欲望に正直な人間関係も、海外の映画をみる上での一つの魅力だ。

 

個人的には、ティムがメアリーの父親にオーラルはまだしていません(だったかな? ちょっとうろ覚え)と空気を読めずに言ってしまうシーンが一番面白かった。笑

メアリーは家柄が割と厳格らしく、父親は相当怪訝な顔をするのだが、映画としては笑いどころなのだろう。

 

全体として

 

ラブ・アクチュアリーに関してもそうなのだけれど、監督のリチャード・カーティスの目には、この世界はまんざら悪くないものに見えているのだろう。悪い事もまあ起こるけれど、全体としては楽しいよね、というような。そうした雰囲気が、まあ私のようなダメ人間でも、明日からまた頑張るかなーという気にさせてくれる。この映画を観終わったあとは、ちょっと誰かに優しくしようかな、と思ってしまう。

 

おすすめ度    ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

元気出る度    ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

SF度       ⭐︎⭐︎⭐︎

 

土曜日の晴れた昼なんかに、時間が空いていたら観ることをおすすめする。きっと休日がいい気分で過ごせることだろう。

 

マトリックス

マトリックス (字幕版)

 映画版攻殻好きとしては、一度観てみたい映画だったので、今回チョイスした。
 まあ、感想としては、なんでそっちに行った?という感じ。

 宇宙船いる??笑

 仮想現実を作り出しているものの正体が、アレだったのはちょっと面白かったが、なんのためにあんなものを作ったのかといえば、アレのためとはイマイチ説得力に欠けるというか、アホっぽく感じた。
(一応、ネタバレは避けます)
 もう少し、子供の頃だったら純粋に楽しめたのかもしれない。
 サラリーマンになるとなんか別の事が気になってしまう。
 よくも悪くも思い描いていたマトリックスとは違う映画だった。

あらすじ

 ハッカーのネオ(キアヌ・リーブス)は、ソフトウェア会社に勤めるサラリーマンをしながら、ハッキング行為によって金を稼ぐという裏の顔を持っていた。
ある時、うたた寝をしていたネオが目を覚ますと、パソコンのコンソール上にメッセージが表示されていた。ネオはメッセージをたどり、トリニティ(キャリー=アン・モス)と出会う。トリニティに、エージェントに監視されている事を告げられ、不安になるネオ。
 ネオはオフィスで、自分宛の荷物を開封する。荷物には小型の電話が入っており、モーフィアスと名乗る人物から連絡が入る。
と、そこにエージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)が現れ、身の危険を感じたネオはモーフィアスの指示通りに逃げるのだが、、、

この映画の魅力

 個人的な恰好を多分に含むと、ちょっと陰気な男がなんらかのメッセージに気づいて引かれていく前半は良かったと思う。カンフー辺りまでは陰鬱でよかった。笑
 キアヌ・リーブスをはじめ、登場人物はサングラスの似合う役者ばかりだ。スタイリッシュでかっこいいし、出てくる銃も男としてはロマンを感じる。
有名な「あのシーン」を見た時は、ここでアレに繋がっていたのか!と素直に感動した。
また、黒い背景に緑色の文字は、攻殻機動隊からの影響だと言われている。だからといって、攻殻と被る要素もなく、独特のセンスを楽しめる。

全体として

かっこよさ       ☆☆☆☆☆
B級度               ☆☆☆☆
おすすめ度       ☆☆☆
 宇宙船あたりがちょっとB級映画っぽく感じてしまったが、単に古いからそう感じただけかもしれない。戦闘シーンとかはもう少し時間を削って、テンポよく見せた方がいいようには感じた。ミッションインポッシブル2とかもそうなんだけど、戦闘シーンが長すぎると、興ざめするというか、ベストな尺ってあると思うのだ。
 ただ、コスチュームやコートの内側が銃だらけといった描写はかっこよく、戦闘シーンも多いので、あまり頭を使わずに観られるところが◎