バニラスカイ あらすじと感想(ネタバレあり)

パッケージのトム・クルーズに惹かれて、鑑賞することに。キャメロン・ディアスとペネロペ・クルスという豪華なキャスト。

すごく心に残る話だったので、いつか書こうと思っていた。

 

あらすじ

仮面の男、デイヴィッド(トム・クルーズ)は、ソフィア(ペネロペ・クルス)殺害の容疑で逮捕され、精神分析医のマッケイブから取り調べを受ける。

デイヴィッドは記憶が混乱しており、過去が上手く思い出せなかった。本当に自分が殺したのか、実感はないが、マッケイブはデイヴィッドが殺したと考えているようだった。

デイヴィッドは、出版業界で財を成した父、デイヴィッド・シニアから莫大な財産を相続し、何不自由ない生活を送っていた。

デイヴィッドにはセックスフレンドのジュリーがいて、ジュリーは本気のようだが、デイヴィッドは適当にはぐらかして関係を続けていた。

ある時、パーティーで出会った友人の彼女、ソフィアに一目惚れしたデイヴィッドは、ソフィアに上手く近く事に成功する。

しかし、ソフィアに嫉妬したジュリーは、デイヴィッドが手に入らないなら一緒に死んでやると、無理心中を試みる。ジュリーの運転する車はデイヴィッドを乗せたまま、猛スピードで柵を突き破り、下の道路へ落下した後、コンクリート壁にぶつかって、ぺしゃんこになってしまった。

ジュリーは死亡したが、デイヴィッドは一命を取りとめる。しかし、デイヴィッドは頭蓋骨を酷く損傷してしまい、偏頭痛と醜い顔に悩まされるようになった。

 

医学の力と莫大な金を使っても、デイヴィッドの顔は元どおりにならなかった。デイヴィッドは不気味なマスクを被り、生活するようになる。

デイヴィッドの奇怪な行動によって、友人もソフィアも離れていってしまう。

絶望の中、泥酔し、路上で眠ってしまったデイヴィッドだったが、ソフィアに起こされて目を覚ます。ソフィアは、どんな醜い顔になろうとデイヴィッドの側にいる事にしたようだ。二人は立ち上がって歩き始める。その時、空は奇妙な色をしていた。

感想(ネタバレあり)

まさかの夢オチ。

たしかに、ソフィアが迎えに来てくれた時の空が変な色で、あれが現実と夢の境目を表していたみたい。

あんまり人に好かれなくて、性格も歪んでいる私(笑)は、おトム(デイヴィッド)の気持ちが良くわかりすぎて、見ていられなかった。

友人の怪訝な表情や、ペネロペ・クルス(ソフィア)の「ちょっと付いて行けない」といった表情(真顔)を私は現実でも見た事があって、悲しい気分になる。自分だけ置いて行かれたような。

結局、おトム(デイヴィッド)は、ソフィアのいない現実を選び、ビルから飛び降りて目を覚ます。

この時、すでにコールドスリープされて夢の世界にいる事を悟っており、夢を管理するシステム(マトリックスでいうエージェント・スミス)に、「愛する人に合わせてくれ」と頼むと、ソフィアが出てくる。

ソフィアに別れを告げるおトム(デイヴィッド)の表情がなんとも言えない。

追記

「それでも恋するバルセロナ」でも紹介したけれど、ペネロペ・クルスは本当に美しい。彼女ありきで、この映画は成り立っていると言っても過言ではない。

 

オリエント急行殺人事件 あらすじ 感想(ネタバレあり)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

※まだAmazonに画像が無い新作映画のため、原作の書籍画像を載せています。

 

ジョニー・デップやジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスと各国の大物俳優たちが登場する。

ペネロペ・クルスかわいいよ。ちょい役なのにすごい女優使ってるなあ、、、

あらすじ

「灰色の脳細胞」と呼ばれる有名な探偵、エルキュール・ポアロは、休暇を取るために、イスタンブール発カレー行きの「オリエント急行」へと乗り込んだ。

オリエント急行は、オフ・シーズンには珍しく満員だった。ポアロはディケンズを読んだりして、くつろいで過ごしていた。乗客の一人であるラチェット(ジョニー・デップ)は、名探偵のポアロに気づいて、護衛の依頼を持ちかける。ラチェットは骨董商として財を成した富豪だが、敵も多く、身の危険を感じていたのだ。

ポアロは、ラチェットが悪人だと見抜き、依頼を断った。その夜、ラチェットは何者かに殺害されてしまう。物音に気付いたポアロが、ラチェットの部屋をノックした時、ラチェットは返事をした。また、殺人現場は密室で、車掌が廊下で待機していたため、車掌の目を盗んで、ラチェットの部屋に行くことは難しく、列車の屋根の上にも足跡らしきものは見当たらなかった。

しかし、激しい吹雪の中、人一人いない荒野を歩いて来て、犯行に及び立ち去るのは現実的では無い。状況から言って外部犯の可能性は限りなく低いのである。犯人はまだ列車の中にいるに違いない。

雪崩のため、立ち往生してしまった列車の中で、ポアロは事件解決に向けて推理を始めるのだった。

感想

有名なアガサクリスティーの小説の実写化である。過去にも実写化されている。大物俳優、女優を大量投入した今作、ストーリー以外にも見所は沢山ある。

肝心のストーリーは、ミステリーの定番要素を覆す内容になっている。なんと犯人がいない!?のだ。(その表現は正確ではないのだが)ポアロとその友人(オリエント急行の社員)以外全員が犯人という、ミステリファンの想像の斜め上を行く展開に、多くの人は足を掬われたに違いない。

怪しい人物が次から次へと現れ、観客は犯人を想像して行くのだが、どれも不正解。ミステリならば犯人は基本的に一人という先入観を利用した、見事なトリック!?と言えるだろう。

 

本筋のストーリーだけでも楽しめるのだが、ポアロの紳士らしい振る舞いや、当時のオリエント急行の豪華さや、ジョニー・デップ分する悪役のファッションなど楽しめる要素に事欠かない。

ネクタイが曲がっている事を異様に気にするポアロの几帳面な性格と、紳士らしい服装とステッキ。教養溢れるディケンズの本。(背表紙が固めの紙で出来ているところがとても良い)ベストの着こなしなんかもダンディなおじさまになりたければ、是非とも真似したいところだ。

オリエント急行の食堂車やラチェットの食べているケーキ。ワインの注ぎ方など細かいところが綺麗に作られている。

「オリエント急行の殺人」という世界的にも有名な題材なだけに、ネタを知っている観客にも、細かいところで楽しませようという配慮が伝わってくる。(イスタンブールのシーンとかほとんど一瞬しか出てこないのにお金がかかってるんだろうなあ。。。)

世界一嫌いなあなたに

世界一キライなあなたに(字幕版)
 時々ラブストーリーがみたくなる時期があって、「世界一嫌いなあなたに」をチョイスした。
 予備知識を全く持たずに鑑賞したため、最初から意外な展開が続き、退屈せずに観ることが出来た。

あらすじ

  名家に産まれて何不自由しない生活を送っていた、ウィル(サム・クラフリン)が交通事故に遭い、車椅子生活を余儀なくされてしまう。以前の生活とのギャップからか、心を閉ざしてしまい、親友も彼女も失ってしまう。
 一方、働き手の誰もいない家族を、カフェのアルバイトで支えるルー(エミリア・クラーク)は、カフェの閉店に伴い、職を失ってしまう。なんとか見つけた介護の仕事で、ウィルと出会うことになる。
 実質的な介護は専属の医師が行っており、ルーはウィルの心を開くきっかけになるように期待され、雇われたのだった。
 ストーリー自体はどこかで聞いたような、ありがちなものだったが、この映画は、ウィキペディアによると、「問題作」として批判を浴びているらしい。
いったいどこが問題作なのかは、実際に鑑賞されたし、といったところだ。

映画の魅力

 この映画の魅力はなんといっても、エミリア・クラークの「笑顔」だ。彼女の笑顔を起点として、ウィルの心は少しづつ温かさを取り戻していく。日本人の感覚としては、ちょっと太めな彼女だが、表情が豊かで、瑞々しく、観客までも巻き込んで、空気を明るくしてくれる。
 一方のウィル(サム・クラフリン)だが、当初は拗ねた子供のような態度を取りまくる。なんだか日本人の感覚としては、我儘なかっこ悪いやつという印象なのだが、海外ではあれが普通なのだろうか?(もちろん、身体が不自由になるというのは辛い事だし、そうなってしまった人にしか、辛さも気持ちも分からないとは思うのだが。私ももしああなってしまったら、しばらくは周りに当り散らしてしまうに違いない)
 周囲に当り散らしてしまう彼の気持ちには共感してしまった。人間だから、他人との交流を持ちたいという欲求はあるのだが、憐れみの目で見られる事が、彼のプライドを傷付け、ますます頑なにしてしまう。
 そんななか、ルーは無遠慮に明るく、家柄も貧しくて、ウィルは介護の仕事を与えてやる立場にあり、素直に心を開きやすかったに違いない。(書いていて、男とはなんとも情けないものだと思う。しかし、男子諸君は、本当は頼りたくても、元々、対等な立場にあった人たちに弱みを見せたくないという気持ちは、理解できるのではないだろうか?)
 そんな二人が惹かれあって行く過程が非常に丁寧に描かれており、いい読書体験をしたかのような感覚が残る。

イマイチだったところ

 結末に至る動機付けが、イマイチ共感しにくいところもあった。何より気になったのが、明るい終わり方で終わったところだ。うーん、、、となんとも言えない気持ちになってしまう終わり方であったと思うが、あのひねりがなければ、凡庸なストーリーになってしまうのかもしれない。

全体として

ストーリー  ☆☆☆☆
テンポ          ☆☆☆☆
キャスト      ☆☆☆☆☆
オススメ度  ☆☆☆☆☆
 ややストーリーに物議を醸す要素はあるので、人を選ぶとは思うが、私としては非常に満足のいく映画体験となった。
ちょっと変わったラブストーリーがみたいという方には、全力でオススメしたい。