英国王のスピーチ

英国王のスピーチ (字幕版)

吃音がコンプレックスになってしまっているジョージ6世の物語。

物語は、吃り癖を治すというシンプルなテーマを軸としているが、友情や王族の葛藤など、引き込まれるエピソードが散りばめられていて、期待以上に楽しめた。

あらすじ

1925年、大英帝国博覧会でヨーク公アルバート王子は父親のジョージ5世の代理演説を行った。アルバート王子は、緊張すると言葉がうまく出て来なくなる吃音症であり、演説は失敗してしまう。

妻のエリザベス妃は、夫の吃音症を何とか克服させようとあらゆる医者に当たってみたが、効果は得られなかった。

ある時、エリザベス妃は言語療法士を名乗るライオネル・ローグという男を見つけた。オーストラリア出身のローグは、いかにも胡散臭い男で、胡散臭いオフィスで働いていたが、エリザベスはアルバートを何とか説得し、ローグの元に通わせる事にした。

 

第一次世界大戦後、戦争神経症を患う兵士に、雄弁術を活用した治療方法で成功していたローグは、独自の治療法でアルバートの吃音症を治そうと試みる。

治療には対等な立場が必要だとして、アルバート王子を愛称の「バーティ」と呼び、自分の事は「ライオネル」と呼ばせた。

無作法な振る舞いはアルバートの癪に触ったが、「ハムレット」のセリフを朗読出来るか、という賭けにうまく乗せられてしまう。ローグは音楽を流したヘッドホンをアルバートの耳につけ、自分の声が聞こえない状態で朗読させ、さらにはその声を録音していた。

腹を立てて帰ってしまったアルバートだったが、ローグに渡されたレコードを後で聞いてみたところ、そこには吃りがなくうまく朗読出来ている自分の声が録音されていたのだった。

 

アルバートの兄デイヴィット王太子が王位を継ぐ予定であったが、デイヴィットは王に不適格(離婚歴のある女性と結婚する事は当時認められていなかった)であると判断され、父ジョージ5世の死後、アルバートがジョージ6世として即位する事になってしまうのだった。

 

一方、世界情勢は混迷を極めており、近い将来、ヒトラー率いるドイツと戦争に突入するであろう事は明白だった。ジョージ6世となったアルバートは、国民を導く王の役割を全うすべく、大英帝国全土に向けた緊急ラジオ放送を行う事になる。

 

感想とか

吃音症の克服をストーリーの中心に置いてはいるものの、ロイヤル・ファミリーと庶民ライオネル・ローグの友情物語といった方がいいだろう。

イギリスの王族は、「王」というイメージよりは若干庶民的な感じがする。普通に怒る(当たり前)し、普通に卑猥な言葉を使ったり(公には禁止されている)もしている。そこらへんの本来の人間性を無理やり強制された歪みが、吃音症として表面化しているとライオネル・ローグは睨んでおり、わざと愛称の「バーティ」と呼んだりして、アルバートの本音を引き出していく。

まあ、王族も楽じゃないんだなーと(笑)

アルバート役のコリン・ファース(この人、日本人だと石原良純っぽいと思うのは私だけだろうか(笑))の演技も上手く、スピーチの場面では見ているこっちが緊張してしまう。子供っぽさというか、おぼっちゃま感もいい感じに出ていて、応援したくなるキャラクターを見事に演じきっていると言えるだろう。

結局、最後の戦争突入前の演説は、決して吃音症が完璧に治ったとは言えないのだが、とても威厳のあるスピーチに聞こえた。

 

ストーリーだけでなく、当時の、戦争前の不穏な世相を反映した空気感や、ロイヤルファミリーの儀式や生活など、ちょっとした小ネタや建築物(インテリア)が楽しめるところも良かった。歴史の授業が好きだった人は絶対に楽しめる映画だと思う。

プライベート・ライアン

プライベート・ライアン (字幕版)

 戦争映画の良さは、私の考えだと、日常の嫌な事が些細な事に思えるくらい、ハードな描写がなされているところにある。
 要は、自分より大変な人をみて、今の生活の有り難みを噛み締めたいが為に、私は戦争映画を観るのだ。
 劇中、任務にない戦闘を指示された部下は、ミラー中尉(トム・ハンクス)に気が進まないと反対する。
 ミラー中尉は、気の向く任務などどこにあると一蹴し、戦闘の準備を始める。
この辺りを見ていて、いつも仕事がつまらないと思っている自分が、叱咤されたような気分になる。
 任務や命令がいかなるものであっても、ベストを尽くすという姿勢はかっこいいものだ。(私の場合は効率とか見返りを常に考えてしまって、そうした事は全くできないのだが)
 あの映画が、どのくらい戦争のリアルを描写しているのかはよく分からないが、よくあんな銃弾の雨の中を走って進めるなーと驚く。
 一番気弱に描かれているアパムでさえも、ビビりながらなんとか行動している。
自分は絶対無理だなーと、思ってしまう。情けない事だが、腰を抜かしている内に、撃たれて死んでしまうのではないだろうか。

あらすじ

 第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦
 アメリカ軍の軍人達が、船で上陸するシーンから始まり、まもなく、上陸するかという時、浜辺で待ち構えているドイツ兵の機関銃掃射をうけてしまう。
多くの兵士が、銃を構える間もなく死んでいく中、ミラー中尉が率いる部隊は、なんとか機関銃の当たらない死角にたどり着いた。ミラー中尉の指揮のもと、部隊は突破口を見出し、なんとか上陸作戦を成功させた。
上陸後のミラー中尉を待っていたのは、兄弟を失ったライアン二等兵を見つけ出し、帰国させるという任務だった。

映画の魅力

 この映画の魅力は、とにかくリアルな(本物を見たわけではないので、リアルと思わせる)描写だ。人間は当然、撃たれれば死ぬし、ドラマのような感動的な死に方をするわけでもない。おまけに、死は唐突にやって来て、どうしようもないくらいにあっけなく、味方の兵士を殺してしまう。彼らも当然故郷があって、親や兄弟がいて、子供もいるかもしれない。でも、それらはほんの一瞬にして無くなってしまうのだ。
 また、セリフがなく、兵士たちが顔を突き合わせてるだけのシーンや、銃声が鳴り響く中、土の上に伏せているだけのシーンも多いのだが、そういう時の、兵士一人一人の仕草や息遣いが物語に深みを与えている。ヘルメットを被る時の諦めにも似た気持ちや、物陰に隠れている時の安心感、タバコを吸いながら感じている漠然とした不安が、画面を通じて伝わってくる。
 基本的には、戦場になれてしまい、やさぐれた軍人で部隊は構成されているのだが、アパムは例外だ。アパムは、フランス語やドイツ語が話せる貴重な兵士として、ライアン二等兵救出作戦に加えられる。
この青年は、実戦経験が無く、気弱で、まだ人間らしい心は失われていない。捕虜を痛めつけるのを躊躇ったり、銃殺はやめてほしいとミラー中尉に懇願する。
彼の存在が、あまりにも人を殺す事に躊躇がない他の兵士と対比されており、画面のこちら側の人間に近い存在として、現実感をもたらしてくれる。
 あと、トム・ハンクスは渋くてかっこよかった。

全体として

リアル度       ☆☆☆☆☆
感動度           ☆☆☆
オススメ度   ☆☆☆☆
 この映画は過去に何度も観ているのだけれど、サラリーマンになってから観たのは今回が初めてで、なんだかサラリーマンに通づるところもあるなあと感じた。(もちろん、軍人の方が何百倍もハードで比べるのもおこがましいのだが、あくまで一つの映画として見たときの話)
理不尽な要求を飲み込む表情や心境は、似ていると思うし、ミラー中尉が「いったい俺はここで何をしてるんだ?」と呆然となる時の気持ちなんかは、火曜日の夜10時過ぎに会社のトイレで一人で顔を洗っている時に感じるような気持ちと似ているんではないだろうか。
 鏡の中の自分と目を合わせると、いったい俺は、何故こんな必死にこんな事をやっているんだっけ?と向こう側の自分が問いかけてくる。答えは「知らねえよ」だ。自分とは程遠い、権力構造の上の方で決まった決定で、我々の運命は勝手に決められてしまったんだ。
 それはさておき、まだ観ていない人で、戦争モノに苦手意識がなければ、一回は見た方がいい。
年齢を重ねたライアン二等兵の最後の言葉に、明日から頑張る勇気を貰えるだろう。