デジタルガジェット

Macを購入したら導入するべき神アプリ10選!

Pocket

だるいねこ
だるいねこ
とりあえず、かっこよさ重視でMacを買ってみたの。でも、どんな風に活用していけば機能を最大限に使えるのか、まだよく分からなくて。
だるいいぬ
だるいいぬ
とりあえず、Mac買ったらこれは入れておけってアプリを淡々と紹介するね!
この記事のまとめ

Mac買ったらどんなアプリが便利?って質問に答えるため、おすすめのアプリを、基本的にフリー(無料)のものから選びました。

Better Touch Tool

まずはこのアプリから。

多機能でいろんな事ができるのですが、特筆すべきは「ウィンドウの移動」と「ウィンドウの大きさ調節」です。

Macを操作している時に、ウィンドウを移動したい瞬間ってありますよね。

デフォルトの設定だと、ウィンドウの上までカーソルを持って行って、ドラッグする動作になると思います。

これって、数回ならいいですが、ずっとMacを触っていると結構ストレスに感じませんか?

そんな時、このアプリを導入することで、「shift」キー+マウスの操作だけで、ウィンドウのどこにカーソルがあっても、ウィンドウサイズを変更したり、ウィンドウを移動したりできるようになります。

使い始めると元には戻れません。(笑)

 

注意点としては、Appストアにないことと、有料であることです。

記事投稿時点(2018年4月)ではBetter Snap Toolを購入すれば、付随するライセンスで使用できます。

(Better Snap Toolは、実際には使わないです)

直接ライセンスを購入する方法もありますが、この購入方法のメリットとして安いこととApp storeを経由するので、クレジットカードなどの登録が不要(あらかじめApp storeにクレジットカードを登録しておく必要があります)なことと、安く購入できることです。

海外のサイトにクレジットカード情報を打ち込むのはちょっと怖いですからね。

あわせて読みたい
【Mac神アプリ】Macを快適に操作するアプリ!BetterTouchToolの使い方と有効化方法 Macの「トラックパッド」ってすごく便利ですが、長時間使っていると「中指」が痛くなりませんか? この原因を自分なり...

Alfred

有名な検索アプリですね。

正直、最初の頃は使い方が分かっていなかったのですが、慣れると便利さが分かります。

私の場合、使い方は大きく分けて二つあります。

①アプリの起動

Macの場合、アプリケーションの起動はデスクトップ画面下のDockのアイコンをダブルクリックして起動させるかと思います。

しかし、Dockに全てのアプリケーションが表示されている訳ではないし、カーソルの移動が面倒です。(実際、何度もマウスやトラックパッドを触ると疲れます。できるだけ、キーボードだけで操作できる環境が望ましいでしょう)

そんな時、このAlfredを使えば、アプリの起動もキーボード上で出来てしまいます。

設定(Preferences)で起動するためのショートカットを設定できます。

私は、「command」キーを二回連続で押すと起動する設定にしています。

これで検索欄を起動すれば、あとは簡単。例えば、「Safari」を起動させたい時は、「s」と打てば、検索候補にSafariが表示されます。

あと、地味に便利なのが「ゴミ箱を空にする」の動作で、「e」と打ち込めば、「Empty Trash」と出てきます。これでゴミ箱を空にすることができます。

②Google検索

グーグルで検索をしない人はほぼいないでしょう。ちょっとした調べ物をする時に使いますよね。検索の文言は、ブラウザを立ち上げて、ウィンドウの上の欄に打ち込むことが多いと思います。

これもカーソルの移動のために、マウスやトラックパッドを触らなければならず、長時間Macを使用していると疲れにつながります。

この動作も、Alfredで簡略化できます。

検索窓を立ち上げて、検索したい文字列を打ち込むだけ。

検索窓が大きく、シンプルなのがさらに良いです。

まさに、WindowsにはないMacらしいアプリと言えるでしょう。

Caffeine

地味ですがよく使うアプリです。

とりあえず入れておきましょう。

Macにコーヒーを飲ませて、自動でスリープしないようにするアプリです。

デスクトップ右上でオンオフがすぐに切り替えられます。

ちょっと書き物がしたいなど、画面をつけっぱなしにしておきたい時にすごく便利です。

私は資格試験の勉強でよく使っていました。

家ではやる気にならないので、スタバとかにノートパソコンを持ち込んで勉強するんですが、「過去問」を開きっぱなしにしておきたい時があります。

その時に画面がスリープしてしまうと結構イライラするんですよね。

Pocket

このアプリは、読みたい記事を適当に放り込んでおいて、後で読み返すことができるようにするアプリです。

情報収集している時など、いくつかのWeb記事を比較したりしませんか?

その時、さっき見た記事はどれだっけ?となってイライラした経験は誰にでもあるはず。

そんな時、このアプリを使って、記事を放り込んでおけば安心です。

スマホ版のアプリもあるので、私は電車の中で、読みたい記事を放り込んでおいて、家に帰ってからMacで情報を整理するという使い方をしています。

また、記事のレイアウトを崩さずに、綺麗に保存してくれる点も良いです。

後述のEvernoteと組み合わせると効果がさらに高いです。

Evernote

これも有名なアプリですね。いろんなデバイスに同期できるメモアプリなのですが、私はメモとしてはToDoチェックリストの作成ぐらいにしか使っていません。

Pocketに一時的に保存した記事をEvernoteに送って、長期保存しています。

Evernoteに保存するメリットとしては、「検索」が可能なことです。(プレミアム限定??)数ヶ月前に見た記事などは、何がどこに書いてあったか覚えていません。しかし、どこかに書いてあったことだけは覚えていることってよくありますよね。

そんな時に検索機能がすごく役に立ちます。

外部記憶装置。第二の脳と言われる所以でしょうか。

ロマン溢れます。

Pocketと組み合わせて使うと便利なのでお試しあれ。

HandBrake

これは結構マイナーでしょうか。アイコンが美しくて好きです。

動画を圧縮するのによく使いますね。同時に保存形式なども選択できるので、youtubeにアップロードしたいけど形式がなんか違うらしい、とかそうしたトラブルにも対処できます。

また、動画をそのまま保存しようとすると容量を圧迫するので、動画をこのアプリで圧縮して保管するなどの使い方ができます。

Disk Diag

ストレージクリーナーアプリです。使っていないゴミを掃除してくれます。

SSD は空き容量とパフォーマンスに相関があるらしいので、こまめに(週1くらいで)掃除するようにしています。

定期的に1Gバイトくらいは削減してくれているので、やはり気をつけていても、ゴミのようなものが溜まってしまうのでしょう。

Gimp

無料のイラストレーターといったところでしょうか。youtubeなどの動画共有サイトに動画をあげるとき、サムネイルを作成した方が良いのですが、そのサムネイルに文字を入れたりするのに使えます。

フリーソフトにしては多機能で、背景はそのままに文字を入れたりするのに使います。(そのまま文字画像を重ねようとすると動画が見えなくなって、文字だけになってしまいます。)使い方がGoogleで検索すればたくさん出てくるのも魅力です。

わざわざ高い編集ソフトを買わなくても、アマチュア動画ならば十分な機能を持っていると言えるでしょう。

これと、もともとMacについている「グラブ「iMovie」を使えば、素人の動画編集関係は大体カバーできると思います。

Open Office

Word,Excel,Powerpointなどのオフィスソフトの無料版です。

Word,Excelなどを開くことができ、編集して元の形式で保存することもできます。

たまに、ワードやエクセルを使うけれど、本当にたまにで、ほとんど使わないけど、無かったら時々困る、くらいの使用頻度であれば、わざわざマイクロソフトの製品を購入しなくても、このソフトで十分対応可能です。

余談ですが、フリーソフトってなんかすごくギークっぽくて好きなんですよね。

windowsOSが有料だった時代は、Linuxなんかもいじったりしてましたねえ、、、懐かしい。

TweetDeck

twitterを利用しやすくするアプリです。他にも有名どころとして、「夜フクロウ」や「Tweetbot」がありますが、「Tweetbot」は有料アプリですし、「夜フクロウ」はなんかあまり好みでは無かったので、これを使っています。人によっては「夜フクロウ」の方がおすすめかもしれません。

タイムラインと通知、DM等が4列で表示されていて、それぞれ独立してスクロールすることができるので、いちいち別画面に移動することなく、全体を見渡すことができて快適です。

Twiiterのライトユーザーであれば、このアプリを入れておけば問題ないかと思います。